【大企業が新入社員にすること、50才シニア社員にすること】
αコラム by. Alpha Academy代表 入住 Vol.1

Large pudong skyline august 2013

大企業が新入社員への研修ですること

大企業の研修担当者の研修に参加したことがある。大企業の研修担当者が議論している内容は何か。如何に我が社の新入社員を会社のことだけ考えさせるか、そのためにどんな研修をさせるか。そんなことばかり話ししている。某証券会社は兎に角新入社員へ自己否定を徹底的にやりますと、それで上司の命令は絶対である事を分からせますと偉ぶってる。ある大手メガの人事は、新入社員皆でグループになって合宿し、厳しい環境で劇をやらせ結束を固めさせると言う。みんな最後は感激して抱き合うんですよ!と。皆、どの様に新入社員を会社に染まらせるかを披露してる。なら、50才シニア社員には何をするか。

大企業がシニア社員に研修で語ること

逆のことをするらしい。もう会社で使い道がない50代。会社としては早く子会社や社外に転籍させたい。人事はそんな50代シニアを集めて言う。「あなた達の人生はこんな会社で終わっていいのか。もっと外で挑戦すべきではないか!」今迄の呪縛を解く。退職までの片道切符。あなたはどこへ向かっていくのか?本当に今の仕事をする為に生まれてきたのか?資本の手下に甘んじて一生を終えていいのか?よく考えろ。

その大企業は本当にあなたが入るべき企業か?

今がそこそこ楽しいから良いというのは危険な思考だ。歳を取るとどんどん挑戦できなくなっていく。どんどん体が、周りが固くなっていく。今の「土台」は本当に安定か?その大企業に入って何が良いのか?挑戦するのは本当にリスクか?本気で今を生きろ。最高の明日は自分にしか創れない。

続きを読むにはメンバー登録が必要です

続きはこちら


Achieve your goals
with your Advisor!

free