MBA取得方法はいくつある?国内と国外どっちがいいの?そのメリットとデメリットは?〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

MBAの種類(国内・海外)

MBAの取得方法は大きく3つに分けられます。
・海外のビジネススクールでMBAフルタイムプログラムに留学
・日本の経営大学院に進学
・日本または海外のビジネススクールの通信MBAを受講

Wed, 07 Sep 2016 23:37:06 +0900

各MBAの特徴

1、<海外のビジネススクールでMBAフルタイムプログラムに留学>

・基本的には仕事を長期間休むことが 前提
・一般的にはアメリカのMBAスクールは 2年制が多い
・ヨーロッパでは 1年制のMBAスクールが中心

※注意事項
フルタイムプログラムは平日の昼間に授業があります、基本的に休職や退職など、仕事から離れる必要があります。

2、<日本の経営大学院に進学>

・フルタイムとパートタイム形式の2パターン
・就業しながらMBAを取得することも可能

※注意事項
・仕事との両立には体力面・精神面におけるタフさが必要
・職場の都合で転勤や主張などが頻繁にある場合には、授業への参加が難しくなるため、国内であっても進学を慎重に検討する必要がある

3、<日本または海外のビジネススクールの通信MBAを受講>

・遠隔プログラム形式(英語ではディスタント・プログラム)
・ビデオ会議システムや録画授業を通じ受講

※注意事項
遠隔形式とはいえ授業はMBAプログラムそのものであり、授業の質はフルタイムプログラムと同等です。一方、地理的な制約、時間的な制約が多い方にとっては、遠隔形式でビジネススクールに通学するというのも1つの有効な選択肢です。

Wed, 07 Sep 2016 23:52:57 +0900

各MBAのメリットとデメリット

フルタイムプログラムは平日の昼間に授業があります。基本的に休職や退職など、仕事から離れる必要があります!

1、<海外のビジネススクールでMBAフルタイムプログラムに留学>

メリット
・語学力の向上や幅広いグローバル人脈・ネットワークの形成
・異国の地でレベルの高い人材と切磋琢磨しあう経験を身につけることができる
・就職活動の卒業生ネットワークや面接など就職活動のしやすさ

デメリット
・国内のビジネススクールに比べて高額な費用
・国内の休職もしくは退職する必要あり
・1年間~2年間という長期に渡りビジネス実務を離れることによるリスク

Thu, 08 Sep 2016 00:10:49 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

MBA合格のプログラムをお気に入りしましょう。