【目標は、「26でMBA、28でグローバル企業、30でマネージャー」】 〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

コラム by. TJアドバイザーズ代表 入住 Vol.6

学生の時に就活ゼミに来てくれてトップのグローバルメーカーで働いている女性が、海外で勝負したいといってきた。仕事は面白いが、世界に繋がらない。世界に出るには早い方が良いのではないか。こういう疑問だった。マーケティングに興味があると言っていたので、グローバルマーケティングの世界では人材が相当不足してること、入社5年目くらいまではギリギリマーケティング経験なくてもジュニアで入れるが、それ以降になると経験者が動いているだけだということ、やはりグローバルマーケティングの世界ではMBAやマーケティングの大学院に行っていた方が機会が格段と広がる事を伝えた。

現在のグローバルスタンダードは

彼女はその場で留学サポートにエントリーしていき、パートナーである大学院のアドミッション担当に直ぐに繋いだ。米国MBAの平均年齢は26歳だ。大体3〜6年目でMBAに来る。準備と入学に2年掛かるので、準備は1〜4年目にしていることになる。これがグローバルスタンダードだ。将来何するにしてもグローバルで仕事が出来なければ出来る奴にこき使われて終わるだけだ。英語が出来ない?会計を知らない?財務も分からない?マーケティングも知らない?そんな奴は世界のトップに来れるわけはない。

20代中盤で欧米アジアの大学院にGO!!

グローバル企業のMBA採用は殆ど新卒扱いであり、マネージャーの一歩手前のポジションがオファーされる。つまり、27〜28くらいでMBA卒業し、2年企業でアソシエイトとして働き、30でマネージャーになるのがグローバルスタンダードである。このスピードの歓喜について来れる人材になって欲しい。小さな世界で背中折り曲げて名刺交換しまくってもなんの足しにもならない。20代中盤で欧米アジアの大学院に必ずいくこと。MBAでなくてもいいが、トップ15の大学院がいい。グローバルな環境で学べば、グローバルな扉が必ず拓く。目標は、「26でMBA、28でグローバル企業、30でマネージャー」だ。まずは、これを目指せ!

MBA圧勝イベントも開催中!ノウハウをアウトプットしましょう!

▼イベントの参加は下記から行えます!▼
【圧勝合格!】ハーバード・スタンフォード・LBS・INSEAD・HKUST・NUS等トップMBA・海外大学院圧勝合格のためのノウハウ・ゼミ・個別指導一覧!

あなたも一日も早く「最強アドバイザー」に相談して、成功の道筋を知り、目標達成しよう!個別アドバイザリーにご興味ある人は、無料相談が可能です!無料相談は、ご登録後「マイページ」の「無料相談チャット」より受け付けております。もしくはすぐに相談したい、質問したい方は、ページ右下の「チャット」からもご質問・ご相談可能です!

TJアドバイザーズの個別アドバイザリーにご興味ある人は、今すぐ無料相談・お問合せ!
無料相談はこちらから!> 無料相談

あなたも圧勝して人に誇れる人生を送りましょう!
TJ

Thu, 04 Jun 2015 17:18:45 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

MBA合格のプログラムをお気に入りしましょう。