もしかしたら、うちの子発達障がいかな? 〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

現在、小中学生の10人に1人は発達障がいを持っていると言われています。

発達障がいにはいくつもの特性があります。
例えば
・集団生活で友達と遊ばず、いつも一人で遊んでいる。
・授業に集中できず、立ち歩いてしまう。
・思い通りにならないとパニックになる。
・会話のやり取りが苦手で、好きな話題のときだけ一方的に話す。
・その場の空気が読めずマイペースな行動をして、人間関係がぎくしゃくしやすい など

幼児期は環境によるものだったり、成長のスピードなどを想定して医師も診断が難しく様子見(グレーゾーン)と診断されることが多く、そのままにして年齢が大きくなると、取り返しのつかないことに...早期発見は、その特性にあった対策ができ改善に繋がります。
ですから極端に育てやすい、極端に育てにくいお子様は早急に専門家に相談されることをおすすめします。

発達障がい児療育アドバイザー 須藤直美

Wed, 18 May 2016 06:55:47 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)