【東北大生がどう圧勝するか?】〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

Profile image thumb default No Name

東北大学が進めるグローバル人材育成プログラムの一環として、グローバル視野でのビジネスプラン構築とマインドセットを、TJアドバイザーズ代表入住が東北大学にて講演を行いました。プロ経営者の考える海外進出とは何か、世界で求められ人材とは何かを熱く語りました。本セミナーは就活生だけではなく、大学生全般が参加。終了後は「とても刺激を受けた!」と多数のフィードバックを頂きました。

就活圧勝ゼミ for 東北大
普段は東京で開催されるいるα就活ゼミ。今回は圧勝を収めてきたその理論を東北大生に伝えるため、代表入住が東北大学に駆けつけました。トップ層の学生と毎日接している入住が、東北大の学生に伝えたいこととは!?

東北の現実
本ゼミでは、厳しいですが、事実のみをお話致しました。皆さんに就活の現実を知って頂きたく、その事実をまずは紳士に受け止め欲しかったからです。東北と東京の情報格差はよく言われますが、実際それはどれほどあるのでしょうか?

「東京と東北の関係は、メッシ vs 素人と同じだ」と、代表入住は言いました。そして以下は、人事の実際の声です。

「東北にはいい人がいない」(保険会社)
「東北の学生はレベルが低い、東京の学生が知っている企業情報を知らない(株価等)」(総合商社)。

こんなことを言われて、東北に住んでいる人は悔しくありませんか?
さらに、数年前某総合商社は、東京から採用チームを仙台に派遣したが、2日間で見切りをつけられ、採用ゼロでした。これが現実であり、事実です。

参加者の皆さんは、現実を突きつけられ、驚きの表情を隠しきれませんでした。

では、その原因は何か。

東北で圧勝する方法
大きな原因の一つは、周りで一緒に戦う人がいない、切磋琢磨出来ない環境にあることです。まずは自分が意識を高く持ち、友達を巻き込んで行くことが必要であり、かつ就活は団体戦でやったほうが圧倒的に有利です。

「東北」は東京より希少価値があります。東北から来ましたと言うだけで、珍しがられます。そこを上手く利用すべきでしょう。例えば、東北支社の前で、社員を待ち構え、OB訪問をすれば、必ず圧勝です。なぜなら、東京では当たり前にやられているが、仙台でやっている学生はいないからです。東北で動いている人がいないからこそ、自分が動けば圧勝出来る世界が、そこにはあります。

なぜ自己紹介が出来ないのか
就活の定番である、「自己紹介」を1分間で、隣同士で実践しました。「満足に自己紹介が出来たと思う人、手を挙げて下さい。」手をを挙げた人はゼロ。自己紹介1つ取っても、それがどれほど難しいか、全員が実感した瞬間でした。

就活で自己紹介をビシッと決めるには、「練習」しかないのです。いかにアウトプットの量を積むのか。勝負はそこです!単純なことですが、それをいかに早く気づくのかが、ポイント!

就活で勝ちたいなら、フライングをすること
2016年卒就活市場より、8月に本選考の面接がスタート。総合商社は8月10日までに、内定者をがっぽりと確保します。そうすると、他の業界はどのように動くと予想されますか?

そうです!8月より前に、青田刈りをしておかなくてはならないのです。しかり、経団連の倫理憲章により、8月までは正式な面接は出来ませんし、内定を出すことも出来ません。そこで、ありとあらゆる手を使って、学生を囲い込もうとします。例えば、「面接会」と称する面接、「OB訪問座談会」と称するリクルート面接、が開かれるのです。表面上は、選考ではありませんが、中身は選考そのものです。

従って、3月になってから、自己分析等の就活を始めていては絶対に間に合わないのです。企業はどんどん前倒しで選考をし、良い学生を囲い込もうとします。東京の東大早慶のレベル層は今の7月の時期より、圧倒的な準備を開始しています。ES、面接、GDの全てにおいて、早期準備をしています。

東北独特の下方圧力に負けるな!
今の学生は、就活をしていても周りにそれを隠そうとするが非常に強くあります。つまり、就活をしていても周りには絶対に言わない。東北だとその傾向は特に強い。スーツを着ているだけで、もうー就活なんかしてるの?、そんなのする必要ないよ!、と周りから指を指されます。事実、学校に行く前にわざわざスーツをロッカーに入れて着替える人もいるほどです。皆さんは、下方圧力に負けてはいけません。最後に勝つのは、あなたです!

地球を10周しても内定はもらえない!
皆さんがよく勘違いするのは、すごい経験を話さなくてはいけないということです。仮にこれが正しいとすれば、地球3周したと、地球2周の人では、3周の人が必ず内定をもらえることになります。しかし、事実はそうではありません。地球10周しても落ちるひとは落ちるのです。そこは、なぜでしょうか。

答えは簡単です。Whatの勝負ではなく、Whyの勝負なのです。つまり、なぜ地球を周ろうとしたのか、そのモチベーションは何か、を論理的に説明できた人が内定を勝ち取れるのです。就活は、いかに面接官を論理的に説得するかのゲームと言えるでしょう。

就活で圧勝内定をもらう唯一の方法!
東北は地方的特性として、自己投資をすることに踏み切れていない人も多いです。偏差値がないため、明確な目標を立てにくいのです。しかし、本日の【α就活圧勝ゼミ for 東北】に来た人は、何をすべきか、クリアになって皆さん帰って行きました。

東北で動く学生が少なく、結果、就職支援の企業もセミナーが出来ない状況が続いています。その中でもTJアドバイザーズは東北を決して見捨てることはありません!東京のトップと同じクオリティを東北にも提供し続けます。今回の参加学生同様、「気づき」の一歩をTJアドバイザーズとともに!これからもあなたの成功を、全力でサポート致します!

Tue, 08 Sep 2015 15:35:18 +0900
Profile image thumb default No Name
Mon, 26 Dec 2016 21:12:40 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

志望企業内定のプログラムをお気に入りしましょう。