受ける前に知っておきたい!適正試験の種類と対策!〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

Profile image thumb default No Name

適正試験対策のためにもどんな種類があって、どういった問題があるのか事前に知っておくことが大切です。
もうすでに就職したい業界や企業が決まっている場合には、こちらでどの企業がどのテストを採用しているのか確認することが出来ます!
https://www.alpha-academy.com/courses/70/knowhow/topics/2171

Sat, 24 Dec 2016 23:06:19 +0900
Profile image thumb default No Name

☆SPI3
リクルートが作成したテストで一般的に知られているものではないでしょうか。
・言語能力(同意語、反意語、四字熟語、二語の関係等、いわゆる国語)
・非言語能力(鶴亀算、濃度、年齢算、仕事算、旅人算、確立、不等式等、いわゆる算数)
・性格検査(性格の、行動、意欲、情緒の項目にて測定するもの)
企業により出題範囲が異なるので、満遍なく対策しておくことが必要です。

Sat, 24 Dec 2016 23:06:27 +0900
Profile image thumb default No Name

☆玉手箱
・計数(四則計算、図表の読み取り等)
・言語
 ・GAB形式の言語(本文を読んで後の問題文がその本文の内容に論理的に合っているかを選ぶもの)
 ・IMAGES形式言語(本文を読んで、その後の問題文が本文の趣旨かどうかを選ぶもの)
・英語(GAB言語、IMAGES言語)
・性格、意欲検査
SPI同様、多くの企業で使われているテストです。

Sat, 24 Dec 2016 23:06:34 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

志望企業内定のプログラムをお気に入りしましょう。