ベンチャーや日本企業のサマーインターンを受けても余り意味が無いよ!(怒られそうだけど事実・・)〜口コミで評判の安心と信頼のTJアドバイザーズ。就活、MBA、転職で成功実績多数!〜

Thumb 11041229 10206087572092074 3572096939187898991 n TJ
Admin

TJアドバイザーズ代表の入住です。

2018卒の方々が沢山TJアドバイザーズに来てくれ始めていますが、はっきりいって少しタイミング遅めかなと思います。早い人は大学1・2年の頃からTJアドバイザーズに来て対策を始めていますので。いずれにしてもこのタイミングから来てくれると就活圧勝できると思います。このノウハウで言いたいことは一つだけです。

「ベンチャーや日本企業のサマーインターンを受けても余り意味が無いよ!」

ということです。裏返すと興味があってもなくても「外資インターン」に挑戦すべきだよ。ということです。

Thu, 16 Jun 2016 11:55:02 +0900
Thumb 11041229 10206087572092074 3572096939187898991 n TJ
Admin

その理由を明記しますね。

まず就活の目的は自分の将来の可能性を最大化してくれる企業の内定を取ることですよね。サマーインターンというのは位置づけとして「模擬試験」です。つまり自分の実力を知ることと、これから何をすべきか理解することがサマーインターンの目的です。外資インターンは「東大早慶模試」と思って頂ければOKです。トップレベルのESや面接、GD・ケースなどを早めに経験することでいかに自分の実力がないのかが良く分かります。グローバル経験もリーダーシップも、面接慣れも、説得力も、もっと高い次元で必要だということを身にしみて理解できます。また、仲間や出会うひとたちの意識レベルも段違いなんです。特に東大早慶以外の大学にいる人は外資インターン突っ込んでみて、意識高いレベルの仲間や先輩と繋がるべきです。これが実は一番の価値かもしれません。同じ学校の仲間とばかりいても自分のレベルは上がりません。落ちても良いんです。外資インターンに挑戦することが大事です。

もし外資インターンにいけたら、その後実は色々良いこともあります!
そこでレベルの高い先輩たちに鍛えてもらえて更に成長できたり、早めに外資は本採用の内定をくれるので年内に内定をいくつか貰えたり、また、商社とかを受ける時も外資内定者だけを集めた「秘密の早期面接会」なども開催されています。これは良いですよね!

Thu, 16 Jun 2016 11:58:55 +0900
Thumb 11041229 10206087572092074 3572096939187898991 n TJ
Admin

ベンチャーや日本企業のサマーインターンは少しだけいい経験になるかな、程度です。ただ、廻りのレベル感が余り高くないのと、日本企業も「早期人集め」程度にやるので余り内容も厳しいものではありません。ガッツリ厳しく鍛えてくれるベンチャーや日本企業のサマーインターンはありかもしれませんが、それをやるくらいなら自分で海外に行ってリーダーシップを取ることをオススメします。

その辺りの戦略についてもがっつりTJアドバイザーズでは教えています。外資インターンに挑戦したい人、どうしてもコンサル、投資銀行、消費財メーカー、などに行きたい人、とりあえず外資インターン受けてみるか、という人、ぜひいますぐTJアドバイザーズ個別指導でがっつりやりましょう!

以下から今すぐ、「TJアドバイザーズに相談だ!」

【就活圧勝内定イベント・個別指導一覧!】

▼詳細は下記よりご覧下さい!▼
【圧勝内定!】三菱商事・マッキンゼー・ゴールドマンサックス等就活圧勝内定イベント・個別指導一覧!!トップ企業内定ノウハウ伝授!

Thu, 16 Jun 2016 12:02:36 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

志望企業内定のプログラムをお気に入りしましょう。