【米国公認会計士試験アドバイザリー】USCPAに最短で合格する必勝法 ~FAR 簿記編~

米国公認会計士受験生はまずボリュームが多いFARから受験する人が多いと思うので、FAR、特に今回は計算問題の効率的な勉強法をお伝えします。
FARは、基本的ボリュームが多い科目の一つであり、専門学校等もFARからの勉強を進めるため、結構ここで勉強をあきらめてしまう人が多いのが現状です。
確かに簿記の初学者だとよくわからない仕訳や元帳作成問題がたくさん出てきて、かつ量が多いため徐々にやる気がなくなってくるものだと思います。

Sun, 07 Apr 2019 22:43:57 +0900

ただ、上記を理由に辞めてしまうのはもったいないので、以下の勉強法で勉強してみるといいと思います。
簿記に関してですがあれこれ考えすぎて結局よくわからなくてやめてしまう人が多いです。ただ、仕訳の意味を最初からすぐに理解できる人はほとんどいません。脳がまだある事象を仕訳に起こすことに慣れていないからです。
従って、簿記を得意にしたかったらまずは、問題文をよんでそれに対応する仕訳をひたすら暗記していきましょう。
暗記しても意味ないという方もいるかもしれませんが、仕訳は英単語と同じと考えてくれて構いません。英単語を知らなければリスニングや長文読解ができないのと同じように、仕訳を知らなければ財務諸表を作成したり、総勘定元帳を作成することはできません。
つまり、仕訳は簿記の基礎なのです。徹底的に暗記してください。
また、USCPAは問題が英語で出題されるため併せて、勘定科目を英語と日本語の両方で暗記することをお勧めします。
日本語で仕訳が分かっていても、英語にした時に勘定科目が分からなければまったく仕訳が切れないことになりかねないので、仕訳を覚えるときに必ずトランスレイトする癖をつけましょう!

Sun, 07 Apr 2019 22:56:33 +0900

アルファでは、勉強法のみならず実務家の話を聞くことや、自分に合ったモチベーションの維持方法を相談することができます。公認会計士試験は、効率的に勉強すれば必ず合格できる試験です。気になる方はまず、無料相談から始めましょう!
無料相談はこちらから!> 無料相談

Sun, 07 Apr 2019 23:05:53 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

キャリア・アップのプログラムをお気に入りしましょう。