【αインタビュー】〜桔梗 哲也氏(コロンビア大学教育大学院在校生)〜

Profile image thumb default No Name
tumblr_inline_ng3rhri0VM1sgi4av.jpg

2014年11月2日、ゲストにコロンビア大学教育大学院生をお迎えし、現在の勉強内容や出願までの道のりについてお伺いしました!今回のインタビューを特別公開!教育大学院に興味のある方、欧米大学院出願を検討中の方は必見です!

Sat, 30 Jul 2016 16:49:02 +0900
Profile image thumb default No Name

ゲストプロフィール

桔梗 哲也(Tetsuya Kikyo)
コロンビア大学教育大学院博士課程に在籍。
入学前は、関西の個別指導塾のスクール運営責任者として、小学生から高校生までの学習支援を7年間行う。その中で、生涯を通じた人の学びが支援出来る教育者になりたいと考えるようになり、2013年秋よりコロンビア大学教育大学院へ進学。現在大学院では、成人教育とリーダーシップというコースに所属し、生涯学習、成人教育、高等教育、リーダーシップなどを学んでいる。

Sat, 30 Jul 2016 16:50:49 +0900
Profile image thumb default No Name

インタビュー内容

◆前職と大学院進学のきっかけ

Q1. なぜ大学卒業後、塾を運営する会社に入ったのですか?

A1. 学生時代にずっと野球をしていて、監督に「将来は監督になれ」と言われて教育者の道を考え始めたからです。

Q2. 会社では何をされていたんですか?

A2. スクール運営・経営・講師の管理がメインの仕事をしてました。学校の校長になるより、小さくてもいいからスクール運営の責任者を目指したかったんです。

Q3. 実際に講師を採用するときの基準はありますか?

A3. 弱者差別をしない人である、というのは絶対条件ですね。学校の勉強についていけない生徒が多かったので、そういう子の気持ちに寄り添える人かどうかが重要でした。

Q4. 塾講師に応募してくる人はどんな人が多かったですか?

A4. 自分の大学受験の経験を生徒に活かしたい人ですね。それから、当然ですが先生になりたい人も多かった。

Q5. なぜ大学院行きを決めたのでしょう?

Sat, 30 Jul 2016 16:51:35 +0900

Register now and see more!

Register now! (Free)

海外大学院合格のプログラムをお気に入りしましょう。