MBA出願ポイント「学校選び」
まずは、行きたいMBAを決めよう!

Large harvard yard  dudesleeper

欧米アジアMBA出願で日本一のサポートをしているα Academy。

すでに今年と来年の出願者だけで150名を有している。またスタンフォードやハーバード卒業生もアドバイザーとして参加して、出願者を徹底応援する体制が高い評価と実績を生んでいる。MBA出願を考えている人は、まずαMBA無料相談をオススメする。

欧米MBA出願を上でまず考えるべきは、「どこに」出願するかである。

どこのMBAにするか?

まず参考になるのは、このMBAランキングだろう。

・米国 MBA ランキング:http://www.businessweek.com/bschools/rankings/
・ヨーロッパ MBAランキング: http://rankings.ft.com/businessschoolrankings/european-business-school-rankings-2013
・アジア MBAランキング:http://www.topmba.com/mba-rankings/region/asia/2014#sorting=rank+custom=298491+order=desc+search=

様々な指標で比較しているため、毎年ランキングは変動するが、米国トップ7は間違いなくハーバード、スタンフォード、シカゴ、ケロッグ、コロンビア、ウォートン、MIT。欧州は、LBS、INSEADを筆頭に最近は一年制MBAなど強豪がひしめいている。アジアは、INSEADやNUSなどは非常に人気が高くなってきている。

また、自分の学びたい科目が強いかどうかも確認する必要がある。ランキングには総合ランキングと科目別ランキングがあるので、科目別ランキングも大事な指標となる。例えば、起業科目ランキングで22年間連続1位を獲得しているのはボストンにあるBabson MBA。ここはハーバードやスタンフォードを凌駕している。

また、そもそもは総合大学なので、他のMasterなどとのコラボレーションの可能性なども併せてみたいところである。例えば、UCLAなどはHealthcareがそもそも強いので、Business x Healthcareを思考している人は、このような他学部との協業なども考えていくといいだろう。この辺りは自分で調べるのも大変なので、α Academyのアドバイザーに聞くと速い。

最近の傾向

日本から米国MBAトップ校の入学者は近年減少傾向であり、欧州MBAの入学者は増加傾向にある。

続きを読むにはメンバー登録が必要です

続きはこちら


Achieve your goals
with your Advisor!

free