MBAには、GMATよりGRE(R)!
GMATは捨てろ。GRE(R)でMBAを目指せ!

Large

欧米アジアMBA出願で日本一のサポートをしているα Academy。

すでに今年と来年の出願者だけで150名を有している。またスタンフォードやハーバード卒業生もアドバイザーとして参加して、出願者を徹底応援する体制が高い評価と実績を生んでいる。MBA出願を考えている人は、まずαMBA無料相談をオススメする。

MBA出願で立ちはだかるのは、TOEFL(R)とGMATだ。

多くの人は何も考えずに、その2つを勉強し始める。TOEFL(R)はSpeakingやListeningが点数が取りにくい。Readingは28取りたいところだが、そこまで辿り着いていない人も多い。TOEFL(R)の代わりにIELTSというテストも最近ではMBAで認められ始めている。しかし米国MBAではまだIELTSを認めていない所も幾つかある。従ってα Academyでは今のところTOEFL(R)押しである。

GMATはどうか?

GMATは、問答無用でMBA出願用のテストである。GMATはMath(数学)とVerbal(国語)からなるが、Mathは近年よりトリッキーになっていて50点(51点満点)取りにくくなっている。VerbalもSC、CR、RDと難問が多く、解き方をマスターしないと35点取るのが神業領域になっている。日本人で欧米トップMBAに合格する為にはMath 50, Verbal 35で700点というのが安心ラインではあるが、ここに辿り着けないアプリカントが多い。

GRE(R)とは何か?

GRE(R)(ジーアールイー、Graduate Record Examination)は、米国やカナダの大学院出願用のテストである。通常 General Testが必要である。GMATとは内容が全く違う。結論から言うと、難易度はGMATの半分くらいだ。数学も、GMATよりもずっと易しい。大学院出願用のテストであるので、米国Master受験はGRE(R)で受験可能である。従ってMBAも、Mater of Business Administrationなので当然GRE(R)でも受験出来る。殆どの米国MBAはこのGRE(R)での受験を認めているが、日本の皆さんはこの事実を知らない人が多い。GRE(R)攻略法は別途アルファ・ノウハウに記述するが、取り敢えずここでは、なぜGRE(R)が易しいのかだけ記述する。

続きを読むにはメンバー登録が必要です

続きはこちら


Achieve your goals
with your Advisor!

free