英語はどのくらい必要か【ES編】
ES編

Large a0002 009090 m

外資系投資銀行や消費財メーカーでは、ESにて英語の設問が課されることがある。
基本的にはオーソドックスな内容であることが多いが、いくつか注意点を挙げる。

平易な英語

語彙としては、TOEIC 700点レベルで十分。
特にゼミや研究内容について説明する時は、専門用語のオンパレードにならないように注意。日本人選考官が英語のESを読む場合もあるので、内容が浅くてもまず伝わることを優先しよう。

続きを読むにはメンバー登録が必要です

続きはこちら


Achieve your goals
with your Advisor!

free